The New Setsuko's Diary

Baroqie Violinist Setsuko Sugita ヴァイオリン奏者 杉田せつ子/ 日々のふとした瞬間を、お話するように書き留めていけたらと思います。 古いブログはこちら→http://setsukodiary.cocolog-nifty.com/blog/

ブックカバーチャレンジ3日目:
「追憶から追憶へ」小堀杏奴 求龍堂

634E317C-24FF-4AEC-8C23-F3380BB1F7DA_1_105_c

森鴎外の娘、小堀杏奴(1909-1998)さんのパリ留学時代(画家として)の様子
もふくむ随想録です。

そこには名ヴァイオリニスト林龍作(1887-1960)の名前がたびたび登場。

パリでの生活にも「龍兄」「龍兄が...」と
幾度となく登場するその「龍作」は

兄のように慕った名ヴァイオリニスト林龍作(1887-1960)のこと。

林龍作は、杏奴の夫である小堀四郎(画家)の親友なのでした。


父である森鴎外のことは勿論のこと
もう一人、画伯 佐伯祐三も登場します。

パリ社交界でバロン・サツマと呼ばれた大富豪 薩摩治郎八に
佐伯氏が力添えを得ていたことは広く知られるところでしょうか。

当初頻繁に行き来のあった小堀夫婦と佐伯との交友が
徐々に薄れていった様も感じられます

当時のパリの表舞台...今では想像も追いつかぬほどの
きらびやかな社交界...そのさまが垣間見え
そこに隠れた真実が浮かび上がるようでもあります。

ご縁を頂き、龍作のかつて所有した夥しい数の当時の楽譜が
そして譜面台に楽器ケースなどが我が家にやってきて早や十数年がたちました。
IMG_3519
IMG_3524 (1)

IMG_3525

IMG_3522

この自粛期間とあって
長年にたまった書類や楽譜の整理と共にあらため紐解き眺めています。

龍作の過ごしたパリの部屋からの眺めが良いから…と
佐伯画伯がその風景を描いたという絵も以前ネット上に見つけました。

c0239137_15291266
和歌山県立近代美術館が所蔵とのことだったかと思います。

今はホテルになっているようなのでパリを訪れたら
次こそはそのホテルに滞在してみようかと思います。

35580318b59d504cec262672360331e0.jpg

本日のバトンは...エリート中のエリート、

そして多趣味をお持ちと活動的な幼なじみの尾崎哲さんに!
よろしくお願いします!


………………………………………………………
#7日間ブックカバーチャレンジ
7days #7bookcovers
#BookCoverChallenge


フェイスブックでバトンを受けた
ブックカバーチャレンジの七冊

先日掲載した イクイアーノのお話し以外の残る六冊についても
そのまま転載させていただこうかと思います

一冊目は何と言ってもこれです。
実家に置いてある本も多いなかこれだけは
ずっと持ち歩いています

31DD15B5-7A26-46A9-B0E5-2D9AE09516DF_1_105_c


幼い頃に読んだ...ということもあってか
私の心の奥深くの何か...
ある種の感覚と結びついているように思います

わたしは、この本がいつか映画化されることを夢見ています。

すでに英国でテレビドラマなどにはなっているのですが
ぜひハリウッドで!?!?!

はたまたミュージカルでも !?!?!

このトム...と同じく
私が子供の頃に読んだ
大切な思い出の本はたくさんあって

ナルニア王国物語、メアリーポピンズ、熊のパディントン....

と、少なからず既に大ヒット映画になっています。

映画化されることで、より多くの方が本を手に取ることにも繋がり
さらにさらに愛される作品になるのだろうと思いますし

ぜひ夢に見ています!!!


.......................................................
オーケストラ・アンサンブル金沢のヴァイオリニスト江原千絵さんからバトンをいただきました。

「7日間ブックカバーチャレンジ」初日の一冊は「トムは真夜中の庭で」フィリパ・ピアス作 高杉一郎訳 岩波書店、を。

I received the baton for the "7 Days Book Cover Challenge". “Tom's Midnight Garden”. This is one of my favorite novel since childhood. 

小さいころ愛読し今でもとても大事にしています。

感動のラストシーンには何度読んでも胸がいっぱいに。

して初日のバトンは 帽子製作家さんの窪田恵美子さんにお渡しを
💫///

#7日間ブックカバーチャレンジ
7days #7bookcovers
#BookCoverChallenge





SNS上の誹謗中傷により
自ら命をたった若い女性プロレスラーの悲報

アメリカで起きた黒人差別に根ざした悲報と
抗議の暴動


考えさせられることが
次々と起こっています




私は...

全ての人間が、尊厳が
それぞれに護られるべきだと

日頃から
強く思っています

人を貶めたり、非難したり、訴追する以前に

その排除したい事象の前にも其れを尊重し
自らこそが今一度襟を正すべきだと


自惚れと思い込みを廃し
常に新たな見地に学ぶ人であれと

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


ネガティブな行動に出る前に
全ての人間が考えるべきではないでしょうか


目前にある事象が どんなに不快であったり
遺憾であったり
耐えがたいと感じたとして


真実はどこに? 目の前のことが真実!?! 目に見えない真実は?
、、、そう、真実なんて誰にも判らない

正義とは?
正義すら......万人にとって異なるものなのかも知れません
語弊を恐れずにいえば、私は本当にそのように思っています


われこそは正義なりと 拳を高くする者は
そのことが不要な戦いを生むと知るべき


そもそも完全なる善も 完全なる正義も存在し得ない


だから
その逆もまた無い...ことを「受け止め」なくてはならない
たとえ受け入れることは出来なくてもです



そしてもし その排除したい事象に
自らの「光の当て方」を変えることができたならば
これまでと異なる景色が見えてくる


人間に与えられた知恵は、そのようにしてゆけるのだと
私は信じていようと思います


過日、フェイスブック上で、好きな本を七冊あげる
バトン・リレーがあり

オーケストラアンサンブル金沢で演奏する友人ヴァイオリニスト
Cさんからバトンがまわってきて 楽しく投稿させていただいたのですが

そのなかで二日目に選んでいた本がこの本でした
いつだったか、夫がふと買ってきてくれたものです


FBに掲載したものを、ほぼそのまま以下に転載します
...........................................................................................................

ブックカバーチャレンジ 2日目にはこれを選びます:「アフリカ人、イクイアーノの生涯の興味深い物語」。1745年にアフリカに生まれ1797年に没したオラウダ・イクイアーノの自伝です。初版は1789年、ロンドンで”Olaudah Equiano, The Interesting Narrative of the Life of Olaudah Equine , or Gustavus Vassa,The African”として出版されています。初版後には再販の嘆願や販売待ちの人々の多さに版が重ねられたようで、本日のこの本は第9版(本人の改訂も加わった最終版)を元に、久保陽一氏により初めて和訳され「研究社」から2012年に出版されたものです。
本の内容はナシで…ということでしたが、少し書いてしまいます☺️
現在のナイジェリア、ベニン王国にある肥沃な美しい谷間のイサッカという村に育った著者は、11歳のある日誘拐されてしまい奴隷としての人生が始まります。冒頭では少年期について書かれて…「わたしたちの国民はほとんどが舞踊家、音楽家、詩人である」の言葉に表れるとおり、豊かに、温かく、清浄な理念と高潔な精神に包まれ育った様子が記されます。私は既にその冒頭にして大いなる感銘を受けました。そして以降、長く奴隷として航海船で働く生活や、自由の身を得てなお航海を続けながら貿易に携わるなどの生涯(事実)が克明に綴られるのです。


1757年にイングランドの地を踏む
1787年奴隷貿易制度廃止協会設立
1788年ジョージ三世の王妃シャーロットへの奴隷貿易制度廃止の嘆願書を提出
1789年同本を出版 (フランス革命勃発の年)
1797年ロンドンにて死去
1807年英国議会で奴隷貿易廃止法案が可決


偉大な先人たちに心からの敬意を抱くばかりです。


....................................................................
#7日間ブックカバーチャレンジ #7bookcovers
#BookCoverChallenge

74572171-8B15-4950-BFEC-BB18126AEE95_1_105_c

7074F894-CDDF-410E-A5E9-EA6114EB0B57_1_105_c

今日はブルーインパルスが青空を舞いましたね!

医療従事者の皆さまを敬い感謝の気持ちを込めての飛行と聞きました。

どちらも
命を賭けたお仕事、

幸運にもその勇姿を観ることができて
胸が熱くなりました

FullSizeRender

IMG_3905

FullSizeRender

青空にくっきりと白いラインがたなびいて...
しばらくドキドキがおさまりませんでした


改めて
医療従事のみなさまに
心からの敬意と共に
感謝申し上げます

そして
ご入院やご療養中みなさまが
1日も早くご回復なさいますよう
心よりお祈り致します。

イタリアに大量の弦を注文しました


羊がいなくなる訳はない...

そう思いましたが

戦時中の話を思い出して

心配になってしまいました


やはり有事のときは何がどうなるか誰にも予測がつかぬもの

備えておくに越したことはありません!

申し訳ないかな...と心配になりましたが
たくさん注文してしまいました


さっそく作って下さったようで
もう発送準備ができたとのこと

ありがとうございます!!!!!

イタリアの伝統、弦の制作会社 アクイラの
ミンモ・ペルッフォ氏は
今回のコロナの医療の最前線で働く方々のための
医療用フェイスシールドなどの部品を
急遽、いつも弦を作っている工場で作り寄付していらっしゃるようで
あちらのテレビでも取材があったようです


実はその昔、私はそのミンモに会ったことがあるのです


フォリーニョというローマにほど近い街で行われた
オノフリさんのマスタークラスで
レクチャーをしてくださいました

あぁ懐かしい


ちなみに
イタリアからの荷物が無事日本に配送されるのかどうか
少なくとも現在、日本からの発送が止められている国が
多くあるので、、入ってくるほうも心配です

刻々と状況も変わるのだとも思います


ですのでここはひとつ
お支払いだけ済ませたら


しばらくあちらで留め置いておいていただこうかと


そう思っています


たいへんな中
さっそくに作ってくださったミンモさん

ありがとうございます

5FF460E1-3659-4FB7-A998-10459E60BC39_1_105_c
弦の整理には釣りのワームのためのポーチが大活躍です
G線、D線、A線、E線、の四本の弦をそれぞれのポーチに分けて
ジプロックのようなチャックつきの袋が「ノート状」になっているところに
いろいろな太さごとに分けて、収納します



このページのトップヘ