The New Setsuko's Diary

Baroqie Violinist Setsuko Sugita ヴァイオリン奏者 杉田せつ子/ 日々のふとした瞬間を、お話するように書き留めていけたらと思います。 古いブログはこちら→http://setsukodiary.cocolog-nifty.com/blog/

終了しました!

昨日とはまったく響の異なる教会で
これまた様々な理由で
とても短いリハーサル時間での開演となり
なかなかたいへんなところもありましたが

なんとか終えることができました。



こちらに来てからあらためて知ったのですけれど

クロアチア政府をあげてのフェスティバルのようで

昨日も
錚錚たるお歴々や
そうとうな人数のプロフェッショナルなスタッフの皆さんが
準備に関わっておられました

そうやって
みなさまのご尽力のもと

わたしは演奏だけに集中することができて
舞台に上がらせていただけることに


あらためて深い感謝の気持ちが沸いてまいります。


それに致しましても


短時間の共演で
どこまで何ができるのか


どうやって、どこまで、
リハーサルで整えてゆくのか


どこまで踏み込んで
どこまで尊重して(触らないで?)いるのか



新たに考えさせられ
また今後への課題を
いただいたように思います。



また新たな方向と行先を見つける(見つめる)ことができました。




折しも昨日はちょうど
大きな節目である(と聞きました)満月

その美しい満月のお月様に見守られて

応援してくださった皆さまのおかげです。



幸せです。


ほんとうに
ありがとうございます。





音楽の神様のところへ通じる道は...

まだこれからも 果てしなく続くようです。


FullSizeRender
この本番写真は、調律師さんが撮っていてくださいました。
いつもながら...完全に自分では撮り忘れました



無事 初日を終えることができました。

いま、ホテルで昨日のVideoを見ながら
修正点を確認しています。


今日がメインフェスティバルの舞台になります。


がんばります。


みんなありがとう!!!


新たな友情が芽生えています。

IMG_9171
IMG_9170
IMG_9167
IMG_9166

撮影はチェンバロのパヴァオさんです。写真まで上手すぎます!😚



夜7時からのリハーサル、日本時間では夜中の12時ですから

日頃の宵っ張り生活の本領発揮
ちっとも時差を感じずこなすことができました


さて明日はもう、1回目の公演に臨みます。
ギリギリまで様々に努めてまいります


今回はヴァラジュディンのフェスティバルのいくつもの公演を
皆さん重ねて出演なさっていらっしゃるので

まあ皆さんの予定を合わせるのが
まるでパズルのように
複雑のようなのです!!


Laura さんが今回はリハーサル時間が
本当に少ししかとれなくって
ごめんなさい!!ってなんども言ってくれます。



皆さんとっても良い方ばかりで



限られた時間で
精一杯のことをしようとしてくださっているのが
ひしひしと伝わってきます。



とてもありがたい経験になっています。


通奏低音楽器が
チェロ、テオルボ、チェンバロ、オルガン....


こんなに揃っていてくださるなんて
なんて豪華で贅沢なことでしょうか!!!



ほんとうに...


ありがとう
IMG_9067
プルーン....本物の生のプラムが美味しいです。
東京ではあまり見かけないのでワクワクしてしまいました。
どうもスモモ系のフルーツは大好物なのです。。。
フルーツ...あと数日だというのについついたっぷり買ってしまいます 

ザグレブは中心地でも車も少なくとても静かです。

リハーサル前に
共演の鍵盤奏者Pavao Mašićさんが
日曜のミサでザグレブ一歴史のある教会で演奏している

ということで
ちょっとおじゃましてきました。

外ではちょうど何か撮影中でしたよ!

素敵
🌟

お昼には大きなお肉の塊をグリルしました!

力がもりもり湧いてくるでしょうか


IMG_9089

IMG_8967
お米、たくさんあります!

IMG_8968

IMG_8972
すべてがクロアチア語🇭🇷一色で 何も解読できません 
ここまで英語の記載が無いのは初めてかしら?!

IMG_8973
IMG_8974
この赤い唐辛子とナスのペースト?
気になります。。。

IMG_8976
プラムのジャム。コンポート無いかしら...実は大好物です

さて、初日は クロアチアの通貨(クーナ)と日本円の為替レートを全く知らないまま
出かけてしまっていました。
人生初?の「値段を見ないで買う」状態に少しドキドキの体験

お宿に帰ってチェックしてみましたら
日本のお値段の...感覚的には5割から6割程度という
ありがたい感じがいたしました





このページのトップヘ