The New Setsuko's Diary

Baroqie Violinist Setsuko Sugita ヴァイオリン奏者 杉田せつ子/ 日々のふとした瞬間を、お話するように書き留めていけたらと思います。 古いブログはこちら→http://setsukodiary.cocolog-nifty.com/blog/

続きます....


廣居さんすごすぎます

最近、本番が続きましたが
その間、ピッチが415から430など
変わったときに
一旦具合が下降気味だったことがあって

でもその後、元気に持ち直していました



廣居さんにいつものように駒の調整をお願いしたかったけれど

迷った末に
時間との兼ね合いもあって

うん大丈夫
このままいこうと決心して
弾いていたのでした。

で、昨日

調整をしていただいたところ



ああ....

まさしく

奇跡の手


ゴッドハンド

おそるべし
ヴァイオリンの駒...



見て、測って、
わかるレベルではなくて

もう第六感というか...


そういうレベルでの
微細な調整です

昨日の春分の日...

とてつもなく冷たいお天気になりましたね 

雨が途中からみぞれになって

開きかけた🌸の蕾もさぞやびっくりしたことでしょう


そんななか
素晴らしい弓を拝見していました

全部で何本...


8本? 

どれも素晴らしい 弓で感激

人に例えるならば

こんなにも人格者ぞろいの8人 
一堂に拝見するのは

長いヴァイオリン人生でも始めてだったかもしれません

弓だって楽器だって性質を例えるならば本当に人間のようなのです

いつだってどこでだってだれとだって
ぜーんぶが魅力的なところばかり!!


というわけではありません笑。

環境によって
一緒にいる相手によって
場面によって


良いところも
悪いところも

表れ方に違いが出るものです


どこかぶかっこうなところを持ち合わせていたり
あ〜だめだめねえ笑 っていうところもあったり

それが当たり前
それでいいと思えます

なのに



揃った皆さん(弓)とっても賢者

高度な教育を受けていらして理性的

そして生まれ持ったキャラクターに即した
その立ち居振る舞いも優雅

堂々としていながら
たおやか


素晴らしかったです

で、そもそもの音色が全部違う


これが面白いですよねえ

ほんとうに...

面白い

あ、相変わらず変な表現ですみません
でも本当に人みたいなんです弓も楽器も

私は大変信頼している弦楽器のディーラーさん
そして、演奏会のたびに駒を
最高の状態に微調整してくださる
私にとって楽器のお医者様

廣居弦楽器さんの廣居剛 氏の選定なさった弓でした


どれだけの情熱と願いと真摯なお気持ちから
これだけの弓や楽器を探していらしたのかと

それを想像するだけで

私にまで
何か特別の気持ちが沸いてきます

いつも
ほんとうに
ありがとうございます

IMG_3064



つい先日の新月の日...

やっぱり新月って何か普段と少し違うものを感じます


さて、いよいよもう目指すは来月からの
エンリコとのリハーサルです


彼のSan Leoの家に皆で集合してリハーサル

そこからみんなでドイツのボッフムという町に移動して
レコーディングです

最大の楽しみなのですが

こういう時に限って

異様に平静な私がいて
自分でも不思議だなあと思ってしまいます。

だってちょっとすごい内容になるはずなんです

いえ、そうならなくちゃいけないんです


なのに。。。。。


これではいけませんね

今回はここから一気に

一人前に

どきどきしながら
丁寧に準備を進めたいと思います


e3732361.jpg
久しぶりにボッシュの絵...思い出しました。エンリコのコレッリを聴いたあと
みんなで行ったマドリードのプラド美術館。

春は 会食の多い季節

これはちょっと前〜にいただいた
素晴らしいディナーでの一品です

最近新たに知ったお店の中では
超ヒットのお店でしたので

また行きたくなって
写真を眺めていました


IMG_2089

それぞれが、絵画のような一皿一皿で

なんと全部で11種類ほど出てきたような。。。


決して少食ではない私(美味しいもの限定)


なんとコース折り返し地点でハタとそのことに気がいて
同席の友人と顔を見合わせ「え!?!?!」
となるほどの
豊かなディナーメニューでした

場所は...
お教えしたくないほどです

広尾の商店街を抜けていった右側にあるイタリア料理

ポンテ デル ピアット さん
http://www.ponte-del-piatto.com/

ひさびさに見つけた
お味、ホスピタリティー、お部屋の居心地、お値段
すべてにとって〜も満足なお店でした

また伺いたいと思います



三月のはじめは 雪が降るかというほど寒かったのに

あっという間に春が訪れました。


早くも🌸が

気の早い🌸が咲き始めているような...

今年の🌸はどうでしょう
長く楽しめると嬉しいです。


ところで...爪の切り方について新しい知識が!
あまりカーブを付けずに四角く切ったほうが
指先の力(押さえる力)が増すそうなのです。

これからはあまりカーブをつけず
できるかぎりまっすぐに切ってみようと思います

力いっぱい押さえるわけでは決してないけれど
指の細さに抗うべく
少しでも安定を高めたいのは
いつだってそうなのですから!

このページのトップヘ