The New Setsuko's Diary

Baroqie Violinist Setsuko Sugita ヴァイオリン奏者 杉田せつ子/ 日々のふとした瞬間を、お話するように書き留めていけたらと思います。 古いブログはこちら→http://setsukodiary.cocolog-nifty.com/blog/

先日発売になった
ミルコ・ラザール作品集について

「ぶらあぼ」さんで 寺西肇 氏がお書きくださったと知りました。


名手 ...とは 身に余るお言葉、
光栄に存じます。

ますます精進してまいります。

e ぶらあぼ さんのページへ





Facebookにも佐藤くんとの再会のこと...
掲載いたしましたので
そのままこちらにアップさせていただきます
fullsizeoutput_7e5d

パソナさんご主催のコンサートにおじゃましてきました。


知人マダムがご主催者様と旧知の仲でいらっしゃることから、

お誘いを受けたコンサートだったのですが、

それが….なんと驚いたことに、

もう20年程も以前の一時期、共演を重ねていた
アコーディオンの佐藤芳明さんご出演のコンサートだったのです。


佐藤芳明氏は、当時パリの留学を終えて帰国して、
ジャズ一直線!という意気込みのなか、

私もウィーンから帰国したものの色々と模索中、
ビーバ、ケージ、クライスラー、ピアソラ、、
と幅広いプログラムでお付き合いいただきました。


あちらこちらからお声が掛かり
演奏に出向く機会も続いたり、

杉田、佐藤、齋藤(順)さん、、と
今思い返してもなかなかイイ感じのトリオだったなあって思ったり

懐かしい!  だって、あの頃の私は
まだバロック・ヴァイオリンを弾く前、、
いわるゆモダンヴァイオリンで

それでもバロック作品が弾きたくて、

Heinrich Ignaz Franz von Biber あのビーバーの
「描写的ソナタ」や「ヴァイオリン・ソナタ」を弾いた最初の公演が、
佐藤くんとの本番だったのですから 

佐藤芳明氏は、当時からスゴ腕でしたが、
さらに磨きがかかっての魅力、
今、この時、ハプニングのような再会に感謝です。

今回はデュオコンサートということで、
もうお一人のご出演はチェリストの新倉瞳さん。

新倉さんとは私は今回が初対面でしたが、
チューリッヒに在住とのことなのです!!

本当に綺麗で可愛くて素敵な演奏、
そして穏やかでありながらとっても楽しいトーク、
魅力的な舞台でした!

帰りにマダムと美味しいワインで乾杯したことは言うまでもありません。
661BFB09-9CF1-489A-BDDB-21A5137F0B48
20年も前のプログラム...!!思わず引っ張り出してきました
fullsizeoutput_7e64
モダン・ヴァイオリン時代の写真!うわあー身体が反っていますね〜

一気に夏のように暑い1日でした。


この週末は佐藤芳明さんご出演のコンサートに伺います!

もうずいぶんご無沙汰していたのですが
ひょんなことから!!



なんと思い返すと
佐藤くんとは(くんと言ってしまいます...笑 ごめんなさい)
もう20年も前に、一時期なんども共演していただいていたのです。

アコーディオンの名手です。

まだ私がバロック・ヴァイオリンと出会うまえ、、、
モダンヴァイオリン(いわるゆ普通の皆さんがよく知っているヴァイオリンです)しか
弾いていなかった頃の私は、

それでも バロックを弾きたくなって
チェンバロもオルガンもないから

パリから帰国したての佐藤くんに頼んで
無理を言って;; ビーバーのソナタなんか
弾いてもらったんです!
そうとう無理を言っていたと思います
ピアソラからジョン・ケージ、クライスラー、
はてはビーバーまで。

スティーブ・ライヒなんかも弾いたかなあ。。。

よくぞお付き合いくださったと、今でも感謝しています

なんともうひとりの低音楽器奏者はコントラバス。

斎藤順さんといって、こちらもまたその世界での重鎮でいらっしゃいます。

はー懐かしい

いろいろと忙しい毎日に

すっかりご無沙汰してしまいました;;


欧州滞在中のことも
弓のことも

まだまだ
書きたいことがあって


そんなことを思っていたら


目の前のことも

すっかり書けないままに

日々飛ぶように過ぎてしまいました


ここはひとつ前のことは忘れて笑
今、書けることを書く

これでまたしばらく参りたいと思います


さてひとつ大事なプログラムを考えていました。

練習が始まっています。

まだ思うように進んでいませんけれど...


そこでまた感じていること...


手の平の筋肉や指先の皮膚などの回復が遅い、、、ということ!
あーーーー年齢があ

そして指先はやはり油断していると
また痛〜い指先になってしまうので
あの「保水するテープ」が活躍、の日々が始まっています。

ほぼあのアブソキュアシートを
大豆ぐらいの大きさに切り抜いたものを小指の先に貼って、
その上から絆創膏を貼って、弾いています。


本番では音色も悪いので必ず外しますけれども。。。

で、少しでもダメージを減らして、回復が早くなるように
右手にもテーピングを。

サポーターを試してみようと思っています。

5月10日に発売になります

56764477_805456643159795_6278578463980912640_n

素晴らしい映像のDVDもついています


ぜひお求めいただけましたら幸いです

こちらからラザールCD 予告映像を ご覧いただけます

下記の「2」以外の全て、私も映っています   
自分の映像を見るのは なかなか気恥ずかしいものですが
素晴らしいプロの方がとても良く撮ってくださっています

You Tube 1 チェンバロ 製作 久保田彰 氏のインタビューなど
You Tube 2 北谷直樹 氏 インタビューなど
You Tube 3 北谷直樹 氏 インタビュー他 マルガレーテ
You Tube  4  ラザール メイキングシーン 


57328099_805457993159660_7340201393510154240_n

56757299_805456693159790_769547320697028608_n


56378761_805458053159654_1007685549110067200_n


このページのトップヘ