The New Setsuko's Diary

Baroqie Violinist Setsuko Sugita ヴァイオリン奏者 杉田せつ子/ 日々のふとした瞬間を、お話するように書き留めていけたらと思います。 古いブログはこちら→http://setsukodiary.cocolog-nifty.com/blog/

チケット発売がたしか公演3週間前!?! 
そして1週間で予定のお席を完売


幸せな再スタートとなりました昨日の公演
本当におかげさまで皆様とご一緒に迎えることができ
とても幸せな時間となりました

ご関係の皆さま、そしてご来場の皆様
応援してくださる皆さま ありがとうございました
IMG_6054


ヴァイオリンだけ4人のアンサンブルは
私たち(けっこう長年の..)ヴァイオリン弾きにとっても
みんな「初めてかも」


の経験でした
IMG_6081


IMG_6082
一瞬マクスを外して楽屋で。左から、宮崎蓉子さん、私、三輪真樹さん、堀内麻貴さん  MAKIさんがふたり

いやはや楽しかったです

今回ご一緒していただいた
堀内麻貴さんは
新日本フィルで長年コンサートマスターの隣で
フォアシュピーラーとして活躍なさりながら
バロック・ヴァイオリンも演奏なさるベテラン中のベテラン!

三輪真樹さんも有名なカルテット
古典四重奏団のヴィオラ奏者であり、
バロック・ヴァイオリンのベテラン!(なななんんと大学時代の同級生!)

宮崎蓉子さんも、イギリスでレイチェル・ポジャーさんに師事なさり
帰国なさって今や室内楽にソロにと大活躍のべテラン!


そしてそれぞれが腕だけでなく素晴らしい魅力にあふれるお人柄の持ち主なんです

いやはや素晴らしいパワーの集結

そして女性ばかりならではの
和やかで、ときにウキウキ、ワクワク、
気のおけない感じのリハーサルもすごく楽しく....

楽しい時間は1+1が2じゃない...

ふつうは1+1=2
でも

プラスのパワーが持ち寄られると、、なぜか
1+1が3にも4にもなって、それが掛け合わされてゆく...そんな感覚とでもいいましょうか....


さて
二重奏は....達人たちが凌ぎをけずった作品(そのために?)だけあって
まあ超絶技巧の繰り広げられる曲も多くありましたが

それもまた弾いているうちに
それぞれの作者の個性が
作品のなかに(モチロンのこと)あふれていて
乗り移ってくるようで
ぞくぞくしながら弾いていました

四重奏は、ああやっぱりヴァイオリン、イッパイ集結楽しい!!!
もっともっと弾いていたいって
そう思いました

テレマンの四重奏はオリジナルですが
なかなか他にオリジナルを見つけることが難しい4重奏ではあります

編曲もいとわず
オリジナルに固執せず

これからも取り組んでいけたらと思います

そしていつか協奏曲などにもレパートリーを広げて行きます




応援してくださる皆さま

いつも本当にありがとうございます!!!

これで再スタートすることができました

この数年、、特にこの自粛期間の1年余り、
練習を1から見直しドレミから立て直し、練習の仕方(奏法)と身体を見直していましたが
その成果を、手応えを、演奏している自分自身にしっかり感じることが出来ました



そしてなんともうれしいことに
長く長く私の演奏を残さず聴いてくださっている
お客様たち、何人もの方が

感想をおっしゃってくださるその真っ先に
そのことを口にしてくださったこと...「何をなさったのか?」
「どうしてこのように今またパフォーマンスが向上したのか」と

そのような意味のことを強くおっしゃってくださいました

そして「何をきっかけにそこまで改良しようと決心なさったのか?」と


泣けます


苦しみは報われてゆくと信じたい自分がいます.................



さっそく次のプランが頭のなかをぐるぐる駆け巡っています

ぜひまたお聴き頂けましたら嬉しいです



そうです今回はまた
フランスの素敵なアクセサリーブランド「Harraca アラカ」さんから
演奏者4名にイヤリングとピアスのご提供を頂いたのです

IMG_6085
リハーサルの合間、一緒に選ぶのも楽しい時間でした
左手前から時計回りに蓉子さん、真樹さん、私、麻貴さん、

美しいスワロフスキーの散りばめられたアクリル製で
一つずつフランスで手作りなんです


普段からあまりアクセサリーを付けないのですが
コンサートのときはさらに付けないことの多い私です

でも今回ばかりはもちろんのこと喜んで付けさせていただきました

そしてななななななんと
全く気にならなかったんです


驚くほど軽いこともあってか


付けていることを全く感じさせない心地よさでした


これには驚きました


アラカさん  アラカさんのHP →http://shop.harraca.jp
すっかりファンになってしまいました


これからの夏にはまたピッタリな
お品物がいっぱいです


今回の代官山からもさほど遠くない広尾方面、明治通り通り沿いに
素敵なショップがあります


ステージマネージャーさんに、すばらしい方が駆けつけてくださり、お世話になりました
知らぬ間に、舞台袖の小窓ごしに演奏中の姿を撮ってくださっていました

IMG_6119

終演後...ほっとして1枚  
IMG_6118



 

「ヴァイオリンの旅」と題したコンサートシリーズを始めます



女性ヴァイオリニストが集まります



ルイ15世に仕えたヴァイオリニスト達、ルクレール、ギニョン、ギュマン、、

 


獲得し得る権力の大きさ故かその執着も激しく渦巻くヴェルサイユ宮殿、、、
音楽家とて凌ぎを削り腕を磨きました


第1回目は、そんなヴェルサイユで御前に仕えた3人の達人、
彼らの師匠イタリアはトリノのソーミス、
そしてさらにその師であるヴェネツィアのヴィヴァルディ…

三代に渡る師弟の系譜を辿る二重奏を

そして、前述の各人に並び、
やはりパリのコンセール・スピリテュエルで
華々しい喝采を浴びたテレマン、

そしてカンパニョーリの編曲したモーツァルトまで、

ヴァイオリン四重奏も加わり演奏いたします

 

いずれも当代きってとびきりの名手、
王や貴族の居城で、そして欧州各国を巡ってと、
華々しく活躍していました

さまざまに大変だったであろう古の旅に思いを馳せることが、
今、このように自由に旅することが出来ない状況にあって、
これ迄より一層いろどり豊かなものになり得るのかもしれません

今回は、音楽を通じて時を遡るまさに音楽の旅、
過去の偉大なヴァイオリニスト達の系譜を辿る旅、
そして彼らの過ごした土地に思いを馳せる旅、

この三つの旅をどうぞぜひお楽しみください!



演奏:バロック・ヴァイオリン 
杉田せつ子、堀内麻貴、三輪真樹、宮崎蓉子
 

主催/お問い合わせ :チパンゴ・コンソート 
tel 050-5532-2213 
cipangoconsort⭐️gmail.com   (ホシマークをアットマークにしてくださいね!)
 

代官山教会  午後2時開演

東急東横線  代官山駅 徒歩5分

〒150-0034 東京都渋谷区代官山町14−3

交通手段と地図 →https://sites.google.com/site/daikanyamachurch/de-tu

入場料: 4,000円(税込) 当日4,500円    

今回は電子チケットでのご用意です。
販売サイトはこちら(サイト内の画像をクリックすると詳細画面になります)
→ 電子チケット販売サイト  (チケッティング手数料80円とのこと、ご了承ください)


*お席は通常の半数でご用意いたします。

*プログラム及び出演者に変更が生じる可能性がございます。

*コロナ感染対策は消毒と換気など万全を尽くしてご準備いたします。

*会場は窓を開けられます。休憩時間に換気を行いますが、その為湿度に大きく変化が生じます。調弦を頻繁に行う可能性がございますので、どうぞご了承ください。

*万が一公演が中止もしくは延期になる場合は、チケットの払い戻し又は代替公演に差し替える対応をさせていただきます。

以上、どうぞご了承のほどお願い申し上げます。

2021_0612_front


2021_0612_back



 

過日のこと

原宿で催されている ルイ・ヴィトンのエキシビション
(会期 3/19~5/16)におじゃましてきました


幼なじみのご家族がヴィトンにお勤めで
しかも今回 会場にいらっしゃるとのことで

気持ちもさらに盛り上がり

行って参りました

IMG_4686


伺えて良かったです





パリのコレクションで実際にモデルさん達が着用、
ランウェーを飾った衣装やバッグをいくつも拝見することもできました
IMG_5409


細やかな手作業ならではの出来栄え、素晴らしかったです
FullSizeRender


ダミエもコレクションではこのとおり...優しい色合いが美しいです

IMG_5410


モデルさんって、いまや10頭身以上!?! 圧巻のスタイル!!!
FullSizeRender

ヴィトンさん個人のコレクションもいくつも展示されていました
最も印象的だったのが、日本製のもので鮫の皮に螺鈿細工のほどこされた
大きな衣装箱のようなハコでした...あれは何という名前なんでしたっけ...何か名前があったような...;;
FullSizeRender


そしてなななんと、2019年のクルーズコレクションには
こんなシリーズが展開されていたそうで
知りませんでした!可愛い!
モノグラム自体も赤銅色...手書き風ですね
IMG_5380





コロナの蔓延からもう1年以上、国内はおろか
海外に出かけることも
すっかり諦める日々、、


そんな中にあって

旅にまつわる感慨が
あらためて揺り動かされました





そして期せずして 別の友人からも こんな頂き物を

FullSizeRender

ガストン・ルイ・ヴィトンの旅のステッカーコレクション(300点を越えるそうです)から
航空会社が30種、船会社も30種が選び出され、再現され、
美しい箱にそれぞれ納められています


そうなんです!
ポストカードとして使えるようになっていて
それだけではなく当時さながらに再現、
ちゃんとステッカーとして貼れるんです


しみじみ 一枚一枚手に取り 眺めていたら
目頭が....


ああ旅っていいなあ


いままで、
旅行しているなんていう意識もなく
ただ用事だから海外にも行っている...と本当にそう思っていたのだけれど

あれもちゃんと「旅」だったんだなあ....と



そう思いました


次に飛行機に乗れるのはいつになるでしょう


ヨーロッパに行けるのはいつになるでしょう


初めてヨーロッパに降り立ったときの気持ちに
戻ったかの感激....に!?!

きっとそうなるって


そう思います


想像すると


早くもわくわくしてきて
胸が高鳴ります


ああ早く飛んでいきたいです




IMG_3671

IMG_3670

IMG_3682

IMG_4803




 

プログラムを練っています


沢山の候補から、どう選び出し組み合わせるか


まあなかなか 楽しい時間ではあります




でもあまり魂を詰めず


ゆっくり進めてゆきます


っと.....何日か前に書いたまま、、、
になっていました


明日は厳重に感染対策の上
今後の演奏会の候補になる曲を片っ端から
大量に音出しを

リハーサルです!

頼もしい先輩とご一緒です

楽しみです♪


EA855609-D403-4E4E-BF18-F464B85BF34D_1_201_a

379D3D5C-D21F-455E-95D1-7C187A20D63D_1_201_a
C00D0831-13ED-4FFF-9B62-53A73A1F6E81_1_201_a

先日撮っていたビデオから切り出してみました。一時体調を崩していましたが
今ではすっかり元気になってくれて嬉しいです。
もうそれなりのお年なので....ほんとうに心配しました。
お医者様に感謝です!! 

もう先々週にことになりますが
ようやく
久しぶりに

ほんとうに久しぶりに


我が家でリハーサルを行うことができました


もちろんマスクをして
手洗い消毒も整えて


少人数で


ですけれども


もういい加減 じっとうずくまっていることは終わりにして
前に進み始める


ようやく
そんな気持ちになっています



と....


思っていたらまた
感染の数が急増しているようですね...



その何倍も多く、早く、
ワクチン接種が広まりますように!

DzsrM24XgAEHVw2
夏はキャンバス地のシンプルなスニーカー!と思い探していたところ
フランス製の Spring Court というメーカーにたどり着きました。
決して高価ではない、懐かしさを感じさせるような、
いわゆる昔からあるシンプルな布製のスニーカーです。
あっやとみつけた!と嬉しくなって少し調べているうち、
ジョン・レノンやブリジット・バルドーが愛用していたメーカー(同型)とも知りました。
なんとレノンさんは、ヨーコさんと結婚式のとき二人で履いていたそうです。
LPのジャケットにも。素敵....

















 

このページのトップヘ