The New Setsuko's Diary

Baroqie Violinist Setsuko Sugita ヴァイオリン奏者 杉田せつ子/ 日々のふとした瞬間を、お話するように書き留めていけたらと思います。 古いブログはこちら→http://setsukodiary.cocolog-nifty.com/blog/

28th April 2018

That was a world Premiere in the Opernhaus Zürich,
“Faust - Das Ballet” Music by Milko Lazar.




チューリッヒのオペラ座でミルコ・ラザール氏作曲、
バレエ「ファウスト」の初演

IMG_4760

Milko Lazar氏の音楽は壮大なスケールで
時空を超えて広がっていきます

そして

そこに相対する

Edward Clug氏のバレエの振り付けが
また本当に素晴らしいと感じました




あれほどまで、繊細に強靭に、複雑に、丁寧に、、、
言葉ではなく身体を使って人間の心の内部を表現する、、、


大変な驚き
と感銘を受けました


バレエ...
私にはまだまだ未踏の世界がそこにどーんと広がっています




まさか自ら踊ろうとは
さすがにこの年にもなって僅かにも思わないけれど

美しい身体
そしてその身体を駆使して
極限を見つめる表現

しなやかな筋肉

魂とつながる身体



 


....というわけで

そうです
また興味の対象が増えてしまいました


fullsizeoutput_4ce2



圧巻の公演終演後のパーティーは舞台上で、
赤や青や緑のライトにさながらディスコのように




IMG_5081


同バレエ曲の基になった2重奏曲を来月録音します。


素晴らしい演出や振り付けにイメージも大いに膨らみ膨らませ
表現を重ねていきたいと思います

FullSizeRender

作曲者の目前で演奏して

表現のニュアンスについて
さまざまに
確認や相談ができて

今回

本当に幸せなことでした


ご縁をくださった方々に
感謝の気持ちでいっぱいです

録音が終わって、なんと夫婦揃ってウィーンに二日だけ滞在。

そしてチューリヒに戻っていました。

いまは、「戻る」っていう感覚が強いです...


しかしそれにしても
ブログを全然書けませんでした〜〜〜〜








でも

今回は一生にあまりないのではないかと思えるような

そんな濃密な時間を過ごしましたので

大切な思い出を忘れてしまいたくないので

写真だけでも...

時間のあるときに

少しずつ
アップしておきたいと思っています。

まずは、チューリッヒのバレエ公演の模様から...

朝の10時から夜中の時には12時過ぎまで、という

集中に集中を重ねての
美しすぎる時間が

終わりました


終わってしまって寂しいけれど、

その録音が

記録が


これからずっと残ります



この10日あまりの日々に
新たに経験したことを
言葉にすることは

とうてい無理だけれど

エンリコ・オノフリという人に出会ってからの
この12年間に起こったの全てを
総まとめにして
その場に立っていたように思います

そしてあらたな日々が始まることを

つよくつよく感じる10日間の出来事の連続でした。



幸せに
心から

感謝しています。

IMG_4111

レコーディング3日目が終わりました。


最初の日は夜の11時半まで!


昨日は8時半


今日はまた11時半まで!



がんばっています!!!


IMG_4017

bdbe33fc-813c-467a-8f28-0b8c8dc63946

IMG_3976









IMG_3709
IMG_3707
IMG_3708
IMG_3713
 リハーサルを終えてもうドイツに移動しています。

更新する時間のないまま

、、、


がんばっています

このページのトップヘ