The New Setsuko's Diary

Baroqie Violinist Setsuko Sugita ヴァイオリン奏者 杉田せつ子/ 日々のふとした瞬間を、お話するように書き留めていけたらと思います。 古いブログはこちら→http://setsukodiary.cocolog-nifty.com/blog/

あけましておめでとうございます

2021年が皆様にとってご多幸のお年でありますよう心よりお祈り申し上げます

昨年末は、めずらしくも夫婦そろっての大掃除ができました

決して片付け上手とはいえない私に替わり、全ては夫がオペレーションを!

ダイニングに棚を新たに設置して日常の細々したものは全て収納場所が決まりましたし、

キッチンの換気扇の掃除をして、食器やフライパンの置き方も使い易いように入れ替えてくれました

夫の部屋に積み重なっている書類の山も、新しい家具にめでたく納まりました


こう書いていると、さも夫は家事の天才か!?!と神々しく見えてきますが..
それは違います;; そんなことは結婚してうん十年で初めてのことです 

そして私はこう見えて、こういうときとても従順なので
一切の決定事項に口出しせず、アシスタントに徹し、
只々感謝しながら大掃除は無事終了

整った我が家で穏やかなお正月を迎えています

誠にありがたいことです


皆様どうぞ今年も
よろしくお願い申し上げます

67AEA9A9-546C-47AE-8807-C23A57B9DD11


あっという間に12月が終わろうとしています


新しい年はもうすぐそこに...


今年ほど12月が飛ぶように過ぎて行ってしまったことはありません!


どうしてーーーー;;



思い返せば それなりに理由はあるけれど
それでも...それでも...あんまりだー

というほど飛んでいってしまった感じが。。。



でも少しずつ
気持ちは不思議と少しずつ前に向きに...


気持ちが変化していっていることを
はっきりと感じながら過ごしています




久しぶりだなあ....こういう感じ....


091210-045JP _kioi_c
2009年12月、紀尾井ホールで別プログラムで2夜連続...初回からずいぶんと
トばしたものですね...いま振り返って驚いてしまいます。
ソプラノ独唱に、森麻季さんにいらしていただきました。

091210-258JP_kioi_a

アレッサンドロ・タンピエリ(エンリコの幼なじみ)、彼にも来日してもらいました。
彼はギターも弾けるんです!スゴイ!!!   彼はその後すっかり出世、
フィリップ・ジャルスキーのワールドツアーなども経て、今や
アカデミア・モンティスレガリスのコンマスとして大活躍中です✨



091210-196JP_kioi_b

懐かしい!  エンリコはこのとき一年足らずで40キロほど減量したばかりのころ。
今より少しだけふっくらしています。






世界に権威あるフランスの音楽誌”ディアパゾン”
2020年総じてのディアパゾン・ドール 2020年金賞大賞受賞しました!!!!!


おめでとうございますマエストロ!! おめでとう私たち!!

PAS 1062_diapason d'or

例年1200~1800枚に及ぶクラシックのCDが評価され

各月ごとに
ディアパゾン・ドール=ディアパゾン金賞の
ディスクが選出されています

今回のそれは其の総まとめ「2020年の金賞大賞」 に選ばれたのです
(全17枚らしい)

食の世界でいうなれば…ミシュランの三つ星を頂いた感じ!?!


いえいえともかくも嬉しいお知らせでした


E・オノフリ, イマジナリウム・アンサンブル “INTO NATURE”

ヴィヴァルディの四季と
かの傑作へと導いた 宝物のようなイタリア17世紀の作品群(演奏!)
を収めたCDです

ああ懐かしい!皆で、レコーディングを思い出しながら盛り上がりたいなあ。。。

また心配もなく会える日々が、どうかじきに巡ってきますよう!
2b0f1b54-9404-4ad3-bdca-ccf17818b3c7

IMAGINARIUM ENSEMBLE

Enrico Onofri

(musical direction & solo baroque violin)

Alfia Bakieva, Paolo Perone,

Setsuko Sugita, Monika Toth (baroque violin)

Maria Cristina Vasi (baroque viola)

Alessandro Palmeri (barque cello)

Simone Vallerotonda (archlute)

Michele Pasotti (theorbo)

Riccardo Doni (organ & harpsichord)

IMG_3819 (1)
1stViolin をこの二人でつとめました。アルフィアは10年前にやっぱり
Enricoのマスタークラスで出会った同志。今や欧州で大活躍中の腕っこきです!!
「ああなぜ私はイタリア人に生まれなかったのかしら...!!!!!」と
嘆いていた彼女はロシア人。ひとかたならぬ思いで出かけてきていたことが
懐かしく思い出されます。


586750c2-238e-4706-a7eb-3f7a25ef30a2 (1)
これは、ヴァイオリンのパオロが知らない間に撮ってくれた写真。
カメラが趣味だけあって、なんだかイイ感じ。さりげない表情が
こうして残って...その瞬間(とき)が思い出されるようで...嬉しいです。


IMG_5136

レコーディング会場は イタリアから遥々ドイツへみんなで移動。
ボッフムという街でした。懐かしい!


やっぱりコロナ、、、第三波どうなるでしょうね...

なかなかコンサートの見通しが立たない日々が続きます


やることをやらねば、、、と思いながらも
やはり日常にはいろいろと起こるもので

なかなか思うにまかせないことも多いです

そしてもう12月を迎えようとしているなんて
信じられないーーーー

そんな気分です。。。


そして次は新しい年 2021年!!!!!


ハイヒールを履くときがまた巡ってくるでしょうか!?!
(いえいずれにせよ わたしはもうスニーカー大好きになってしまいました)


それにしても..
やっぱりくるちゃんとミハエルさんの作る
Volga Volgaのお洋服は
ファストファッションの追随を 1mmも許さない
独自のハイレベルな洋服だなあと
改めて感心しています

そしてやっぱり大好きです




先日、初めてファストファッションをのぞいてみて
大好きなファッションについて
いろいろと思いを新たにしています



オートクチュールは別格、、、
そしてそんなメゾンの作るプレタポルテ(と呼ばれるもの)も
まあさすがに別の世界ですが、、


そんな格のある有名ブランドでも
そのセカンドラインなどは
軒並みパンチをくらったように打撃を受けてしまったのが
うっすらと わかるような気がしました


ネット販売を流通が支えて
SNSで一般の消費者の意見や感想など、雑誌にはない情報も飛び交う


クオリティーと価格の兼ね合いも含めた
価値観の多様性も加速化!?!

消費者も成熟してきた、ということでもあるのでしょうか





一方 音楽の世界は???


やっぱり「絶対数」の多い世界のほうが
変化や結果が早く表面に出てきますよね...


ちょっと、、、
これからに期待しつつ(苦しい)


さて自分は何をするか できるのか


しばらくこの数年
いろいろなことをきっかけにして


心が内に籠もっていましたけれど




そろそろ...........
心新たに


F3A03813-AD8D-4E5D-8C7D-2D8158A71A70_4_5005_c
これは初めてチューリッヒで演奏させていただいたときの、
カーテンコールのときの写真...2年前?3年前?? 外では雪が降っていました
あ...そういえばこれもVolga Volgaさんに作っていただいたドレスです🍀///
上下に分かれていて、そして、私にしては珍しく袖もあるのに、弾きにくくないんです!



















おどろくほど救急車のサイレンが多く響いています


夜中の都心.....



きわだって
多いです......


心配です...コロナの第三波



と、、ぎりぎりふと安心していた頃の...
今年、私のうん十うん歳の誕生日に友人たちが祝ってくれたときの写真を眺めたり...


今だったら、、もうぜったい自粛です;_;



1CF0A794-9F55-49A9-879D-77A5675E41B5

選んでくれた花束の色が
私の着ていたワンピースの色合いとピッタリだったりして
みんなで驚きました

すでに...遠い昔のような、、、
ああ楽しかったなあ....

5D4A2DA1-8D0D-4D82-B1FA-61E425ACE975



AD74A1A3-02A2-4264-BEF8-05ED34B12EE5

春の自粛期間のころから、すっかりハイヒールと縁遠い生活に。。。
それに、スニーカーでドレスダウンするのってもう定着した感じでもありますものね...! この日も、ハイヒールは車に置いて、敢えてスニーカー!
以前は逆だったのに...!
そして、この日はファストファッション デビューでもありましたよ🍀
世の中、もうとっくにいろいろ変化していたんだなーっと
びっくりした私でもありました;; 
あ、これ好き!と感じるものばかりで身繕いができることは 幸せ🍀
おしゃれはいつだってやっぱり楽しい!

このページのトップヘ