The New Setsuko's Diary

Baroqie Violinist Setsuko Sugita ヴァイオリン奏者 杉田せつ子/ 日々のふとした瞬間を、お話するように書き留めていけたらと思います。 古いブログはこちら→http://setsukodiary.cocolog-nifty.com/blog/

さてそろそろ

再始動か、、と身構え始めていた矢先


また出ました

蔓延防止のための自粛要請....

最近とんとテレビを見ておらず
まだ詳細を把握していませんが

やはり相変わらず
あまり大掛かりな企画はできませんし

リハーサルも、、

考えてしまいます

でももうそろそろ
じっとしていられない


そんな気分です

FullSizeRender
今日のジョギングは久しぶりに外苑の方へ行ってみました。あの絵画館前の銀杏並木はこの通り!薄曇りも心地よい午後でした。

イタリア大使夫人がご主催の
チャリティーバザーにお邪魔してきました。


現在のイタリア大使公邸は三田の一等地、もと大名屋敷です。


江戸時代に伊予松山藩邸
そして赤穂浪士最期の場所....

そののちは松方コレクション(御子息の)で現在にも有名な
あの松方公爵邸...



いつぞや蛍の会でおじゃまして以来

広い池を臨む庭園に、お天気も最高の
気持ち良い昼下がりとなりました。

FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender


また随分とご無沙汰してしまいました

あまりにたくさん
書きたいことがあるので

もう振り返るのは諦めます😆‼️
季節は巡り
急に湿度が上がってきました。

ちょうど桜の花の頃は
個人的に最も楽器のよく響く季節...
と感じています



FullSizeRender
IMG_4077
IMG_4074
ようやくお墓参りに本郷へ。保護樹になっている桜の巨木。足下はこの通り🌸

タルティーニ、弾いています


行きつ戻りつ


反芻しながら進んでいます


一歩進んで二歩下がる...的な感じです☺️



始めて良かったです





指導者、研究者としての功績も極めて高かった
あの流石のタルティーニが

なぜ このタイトル(直訳すれば弓の芸術)を与えたのか


ようやく深く納得したり....



左手の各種の連続するトリルだけでも非常に難しいのに
右手でそこに
モダンヴァイオリンの演奏では普通に思えるようなアクセントを
さほどつけずに

アクセントでフレーズが分断されないように弾こうとするだけで

ただそれだけで おそろしく難しくなります




山盛りです




イバラの道は続きます


779FA7E8-8180-48D9-88A8-F7A3D5080F7E_1_201_a




 

自分onlyのプロジェクトを開始

ちょっと生活のリズムに変化が


...って いずれにせよ 自粛要請が出ている東京都
基本的に自宅に篭っているのですけれども。。。


ドイツ語のレッスンは相変わらず週に2回続行中
ランニングは週に2度できれば良いほうで、、なかなか毎日とはいきません


そして新しく自分へのタスクとして
タルティーニの L'arte dell'arco 50のバリエーションを
毎日YouTubeに1曲(1分たらず)ずつアップ(非公開)して
いっています

携帯での簡易録音で

まあやはり...
録音というのはどんなものでも
ほんとうに繊細なキビシイもので



いつだって
勉強になります...


バロック・ヴァイオリン
ガット弦
そしてヴィブラートをほぼかけずに
響きのない部屋で

と重なりますと....いやとってもいい練習になっています(ハズ...)


今の携帯の動画って、距離で音量その他を調節する機能がついているらしいので
セルフィーで録音していると、至近距離、
おのずとものすごく大きな音で入ってしまいます

ごくごく小さな音で弾いても普通にメゾフォルテに
大きな音で弾いてもまあ普通のフォルテ、、、

えーーーーーー強弱はどこえええぇーーー!! 

。。。。。


しばらくiPhoneを使って勉強してみることに致します



 FullSizeRender
IMG_1120
ニューグローヴ世界音楽大事典(全21冊)...
汲んでも尽きぬ知識の大海原が。。。

幸運にも別巻2冊も共に入手できました。
感謝です。

このページのトップヘ