The New Setsuko's Diary

Baroqie Violinist Setsuko Sugita ヴァイオリン奏者 杉田せつ子/ 日々のふとした瞬間を、お話するように書き留めていけたらと思います。 古いブログはこちら→http://setsukodiary.cocolog-nifty.com/blog/

今日から ソファに登ることを禁止してみることに...

抜け毛の季節になったようで
それはそれは大変な量の毛が抜けます

抜け毛さえなければ
どこにいてくれても良いのですが

こうなってくると

人間さまがくつろぐ場所が塞がってしまうので


基本的には乗らないでいてもらおうかと
相成りました

果たして居心地良さそうにしていた場所を
急に変えるとなると...

どのような反応になるかと心配でしたが

すぐに順応しようとしてくれています


当然ながら
何度か登ろうとしましたので

その都度 だめよ と優しく諭してみました

そうすると

にゃーと言いながら移動して


二度ほど致しましたら

今、、、
夜更になっても

新たな場所にちゃんと収まり
眠ろうとしている様子です

何とも健気で

いじらしいです


こんなにも
協調性のある猫って


いるのかしら....

と、おそらく
ご多分に漏れず!?!
親バカになっています
IMG_2077

受賞おめでとうございます!文部科学大臣賞


ちょうど一年前、共演させていただいたソプラノ歌手
加納悦子さんが
この度映えある賞をご受賞なさいました。

共演のお誘いをくださったのは
チェンバリストの朴令鈴さん。

お二人の息もぴったりのところに
私は数曲で共演させていただきました。

そんな私までとても嬉しい気持ちになってしまいます。

ご縁に感謝いたします♪

以下、文部科学省のサイトより。


加納悦子氏は,オペラ,オラトリオの分野でも日本最高水準の名歌手である が,
その本領はドイツ・リートで最も見事に発揮される。
ドイツ・リートの源流とも呼 ぶべき今回のプログラムは,
「30年戦争」から雄々しく立ち直るドイツの社会的背 景まで熟知した極めて学術的にも高度な選曲である一方,
そのプログラムが微 塵(みじん)の衒学(げんがく)趣味に堕することのない生気に溢(あふ)れた演奏 で,
余人をもって代え難い唯一無二の境地を示した。


加納悦子さん公演写真3名



スイスに到着時は小雨

エディティングが始まって初日は曇天

そして夜半に雪が降り始め

翌朝にはうっすらと雪が積もっていました

でも 数分おきか、数十分おきか!?!
なんとも目まぐるしく「雪」と「晴れ」が入れ替わります

この土地の
この季節の
典型的な気候だそうです

IMG_1684
FullSizeRender


雪化粧...やっぱり美しいです




無事 帰国しました


今月中にいくつか予定されていた本番は
すっかりキャンセルになりました

リハーサルもなくなって


時間があります


なんだか

全国、、、いえ世界中のみんなで


時間に追われることから一旦開放されたようで


何か辺の空気がいつもより
のびのびと広がっているようにも
思います


「気」ってやはり感じるものですね


もっと若い頃から
そのことに「気」がついていたら良かったなあと思います


さてものすごい勢いで終わった第1回の編集を
私はあらためて家のオーディオシステムで聴きながら

フレーズの流れや音色など
確認する作業を進めています


なかなか集中を要する作業で
めったに悪くすることのない
胃腸が不調... 気味に


それにしてもコロナウィルスのこと、、
心配が広がっています

WHO本部はジュネーヴ
IOC本部は ローザンヌ

今回の旅路は、ずいぶんホットな土地を
経由していたような ...







1stエディット終了!

濃厚な時間....なんといって良いのか言葉が
見つかりません。
幸せすぎる幸せと

ささやかながらも達成感と新たな意欲と

様々な感覚が渦を巻いています。

さて今回は到着から嬉しい偶然の出来事が重なりました

ジュネーブからローザンヌに向かう電車で
隣のボックスに座った方がなんと
ずっとお会いしたいと思っていた
日本公演ツアーからスイスに帰国してきたところの著名なオルガニストの〇〇さんだったり。
(Jean-Danielから彼女のことを教えてもらっていたし、彼女は数日後に次のプロジェクトの相談でJean-Danielの家に行くそうなのです)

ということや

スタジオから帰り際にはなんと
あの ジョ○○ニ アン○ニ○ニさんが入れ替わりにやってくるとのことで
送ってもらった駅でまさに入れ替わりでお会いできて
少しお話もできたり

ブレトン氏(昨年出会った弓の作者です...)とJean-Danielで一緒に作った
あの特別な松ヤニも、
とうとうお願いしてブレトンさんがJean-Danielの家に送ってくださることになったのですが、日数的にもちょっと間に合わないかも...と思っていたところ
帰りの日の朝、細い山道を駅に向かう途中で 対面の車に道を譲られ、、、
それがちょうど松ヤニを配達してくれる途中の郵便局の車!
無事松ヤニも受け取ることができたり。

嬉しいハプニングの連続でした。

チューリッヒのアパートに戻って
いまようやくほっとしたのか
疲れを感じています....

IMG_1833
夜明けの風景IMG_1851

ついに幻の松脂が



今回はチューリッヒのアパートに立ち寄らず

直接Jean-Danielさんのスタジオ(お家)に来ています。


ローザンヌに程近いところにある小高い山の麓町なので
ジュネーヴ経由でした。


ジュネーブといえば私が最初に訪れたヨーロッパでの到着空港。

そして、最初の行先もローザンヌだったことに

あらためて思いが至っています。


今回もさほど寒くもなく
外では雪ではなく雨が降っています


コロナウィルスの感染者がスイスでも一人でたと

ニュースになっていました。


イタリア、ミラノからの帰国者だそうです。


コロナ....日本での感染拡大 ほんとうに心配になってきましたね...

こちらにくる途中では
何も不都合なく
いつも通りだったように思います

でも、、日本人だけは
ずっとマスク着用!の風景ではありました


やはりヨーロッパではこれまで見たことがありませんが
さて、今回は見かけることになるでしょうか


とうとう欧州でもマスクが
広まるのでしょうか....


昨年12月に録音したものの編集作業
昨日初日、順調に進んでいます

IMG_1611
中国便は上海を除いてのきなみ欠航していました。。。
IMG_1638
ジュネーブ近く。 モンブランが見えます。
IMG_1644
着陸直前。なんとジャンダニエルはこのモンブランの近くでちょうどスキーをしていたそうです。

IMG_1669
昨日の朝の風景...

このページのトップヘ