The New Setsuko's Diary

Baroqie Violinist Setsuko Sugita ヴァイオリン奏者 杉田せつ子/ 日々のふとした瞬間を、お話するように書き留めていけたらと思います。 古いブログはこちら→http://setsukodiary.cocolog-nifty.com/blog/

先日、NHK-FM「古楽の楽しみ」で
オノフリX 杉田  のデュオが放送されました

前日のこと偶然にもTwitterで
そのことを告知してくださる方がいらして
そこで知ったのでした!


いやーありがたいありがたい

ぼーっとしている私です。。。



テレマン特集


〜テレマンのユーモア〜と題し
ご案内のゲスト解説者は
音楽学の 佐藤康太氏でいらっしゃいました


佐藤先生取り上げてくださって
ありがとうございました



ガリヴァー組曲
(E・オノフリ1stVn/杉田せつ子2ndVnのヴァイオリン2重奏)
を全曲放送してくださったのでした



懐かしいです


あれは2008年の初夏だったでしょうか
イタリアはクレマの
古い農家を改造したサールでの録音でした


わたしはバロック・ヴァイオリンを
弾き始めたばかりであったにもかかわらず
光栄にもオノフリとの共演、、という

今思うと
ワクワク以上に...ぞーっとする笑ほど
栄誉なことでした



でも当時の私はまだ
そこまでわかっていなかったようです

いやわかっていたからこそ
走り始めたのだったけれど


近づこうとすればするほど
遠くなるというのか...


偉大さが判ってくるというか


まあきっと何事もそういうものですね!


enricoonofri-5
録音のあと、夫婦そろってオノフリさんのご自宅に招かれ、数日滞在しました。
これはご自宅のすぐ近くからの眺めです。
ミラノに長くお住まいだったオノフリさんですが、ここにいては枯渇してしまう...と
故郷にほどちかい山に住まいを構えました。古い石造りの立派な..日本でいうところの古民家...
とでもいうようなお家をリノベーションした素敵なお住まいです。
いまはたくさんの猫がご一緒ですが、当時はご夫妻と黒猫がひとり。
とっても聡明な魅力的な猫でした。
ソロCD「バロック・ヴァイオリンの奥義」のブックレット裏表紙に、
その黒い猫 "ポッパ"をプリントしてあります。
ゲストルームの扉からこちらにむかって歩いてきたところを私が撮影したものなんです。
お持ちの方は、どうぞご覧になってくださいね,。・:*:・☆゚







自粛期間は
夫もさすがにリモートでの仕事が多くなり

朝起きた瞬間から仕事が始まる....
そんな具合ではありましたが
それでも1日家にいて
一緒に生活できて
三食を共にする

何日かまとまった日数をこのように過ごせたことは
このそれなりに長い結婚生活に初めてのことだったように思います


それほど 何年にもわたって
365日 仕事に没頭する日々が続いています


そしてまた今
とりわけ忙しい毎日に突入しています


そう言いますと...ブラック企業じゃない!?!
と友人に言われることがあるのですが
それは違います

端で見ていて明らかに
これは本人の意思で
それだけ時間を費やしているのだなあと
わかるからです

以前 制作に携わったもので現在公開中
もしくは公開直前のものは...


9月4日に公開された映画
「宇宙でいちばんあかるい屋根」
天才的な若い女優さん清原果耶さんが主演なさり、桃井かおりさんが
大切な役どころでご出演です


テレビでは
NHK連続ドラマ 貫地谷しほり さんご主演の
「ディア・ペイシェント〜絆のカルテ〜」

TBS火曜ドラマ 三浦春馬さんがご出演の
「おカネの切れ目が恋のはじまり」(9/15 初回)

あとは
BS11のテレビアニメ
「放課後ていぼう日誌」(放送中) があります。

あ、もう一つ思い出しました8 /29に始まった
フジテレビ「恐怖新聞」
主演の白石聖さんのお母さん役で黒木瞳さんがご出演です


ああ!それで先日 京都の撮影所に行っていたのだなあ...と
思い返したりしています


それにどうやら
いくつかのニュースのテーマ曲も...






自粛期間中は
朝から大きな音で
ありとあらゆる曲が
次から次へとかかっていました

制作途中のものばかりだったかと思いますが
まあ

宇宙に広がってでもゆくのかという
壮大なイメージのものから

ほのぼのしたもの
愛敬のある可愛いもの
怖ーいもの



ありとあらゆる
雰囲気の
ジャンルの
音楽たち...


なにやらやりとりをしながら
出来上がってゆくようです....



聴こえてくる音楽に


私もなんだか少し

ワクワクどきどき
しながら
過ごしていました



でも

以前にも書きましたように

情報開示のタイミングなど色々と決め事がありますので
その関係もあって
普段から
夫が何を作っているのかについては
私は事前に何も知らないことが多いのです


出来上がったあとも
別段、私が尋ねない限りは
積極的に教えてくれることはありません

もうまた次の
目の前の制作のことで
頭はいっぱいなのだなあと思います


ですので
ほかにもまだあるのかもしれません...☺️


もちろん、この週末も全く変わらずです


夜中の2時に帰宅したら早いほう

3時、4時、5時近くになることもあります


それでもだいたいは
翌朝8時台には起床

せめてゆっくり入浴時間をとって
体力を回復させている様子ですが

端で見ているだけで
私もさすがに気が詰まってきます


こうして夫のことを書いているのも
どこかこのけっこうパツンパツンの状況を

誰かに一緒にわかっておいてもらいたいと
きっとそういう私の甘えです


はぁー私にとっては
自粛期間は
当たり前の「家族の日常生活週間」だったのかもしれません

自粛期間中の充実した食生活!?!と
ストレスフリーな生活のせいか
体重上昇

さすがに歯止めをかけるべく
夜中に人気のない道を選び
揃ってウォーキングにいそしみました


その流れから
(モチロン)私だけ始めたジョギング...



数年前に一瞬だけトライしていましたが
続かなかったジョギング 



こんどこそ
細々とでも続けられたらと思います!



まずは5キロ


走れるようになったら
かっこいいランニングシューズを
プレゼントしてもらいたいです


それまでは以前の
あまり履くことのなかった
シューズで我慢します


世の中多くの方々が....
自分のやるべきことに集中して
邁進していてスゴイです...

それに引き換え私は
この10年以上を一体何をやっていたのかと

自分自身のことを後回しにし過ぎていたかと


色々と反省しています
C05842BE-E7C7-4743-88BD-E378DC57A42A_1_201_a
手に余る幸せ 
8月の酷暑のさなかにいただいた
見事な桃  ジューシーさが物凄いです  
桃の香り...これは天国からの香りだーとわけもなく思ってしまいます




あっと気がつけば
ずいぶんご無沙汰してしまったようです


あっという間の1ヶ月でした


私自身は
おかげさまで とても元気に過ごしています

前回少し...書かせていただいた
かなしいこと...


もちろん、今でも涙ぐむこともありますし
これはこの先もずっと
変わりません


できれば それを知る友だちみんなで
その悲しみを少しずつでも背負うことができればと

そう思いますが

深い深い 哀しみに
及ぶわけもありませず


ただただ
無力で



悲しいです



でも
私たちは生きています


「何のために生きるのか」


中学生の頃
いつも考えていました



答えは今でははっきりしたけれど


さてそのために

自分に何が出来るのか


また新たに今、問いかけています



さてそんなことを思っても
「日常」は次から次へと

何かしら慌ただしく過ぎてゆきます....



そんななか
新たに始めたことといえば....


自粛期間中に始めたウォーキングから、
ついに若干のジョギングを始めたこと

そして
友人(日本在住イタリア人)と一緒に、
その彼氏さん(ドイツ人・大学ドイツ語講師・日本在住)から
ドイツ語を習っています。Zoomです!

これまで、英語も、イタリア語も、ドイツ語も、どれもこれも
グダグダで、これは流石に大反省を重ねる私です

英語は3年ほど前から 僅かずつでも学んでいますが
ドイツ語は一昨年久しぶりに紐解き、そのままになっていました...


語学を若いときに、甘くみていたツケが
今大きくのしかかっています。

もちろん、今更ネイティヴのようになれるとは
夢にも思っていません


でもいかに言語の学びというものが
奥深く、興味深いものなのかを
今更のように感じています



なんて気付きの遅い私


くやしい〜〜〜〜


がんばります///

IMG_5684

今日は、久しぶりにアップルパイを焼きました
といっても...冷凍のパイシートを使ったのであっという間に完成です
今回は....あんまり....
次回は美味しいリンゴを探します




IMG_4956
気持ち良い朝を迎えました やっぱりお日様が出ると 嬉しい!
人間だけじゃなくて 
弦も痛みにくく 
切れにくいです


思えば今ごろオリンピックだったはず。。。 

そしてあの 
哀しみを超えた哀しみに直面した日から
 1年が過ぎました 

 大人になって 
声を上げて泣いたのは 初めてだった 

 西に向かう新幹線 

 やっぱり 涙が溢れて仕方がなかった 

身体を引きずるようにして 
帰京しました 

途中で見た風景が 忘れられません

E4C48356-CD63-406E-ABD4-D91EE9162724


去年のあの頃も長梅雨で
7月の頭から連日の曇天だった

1日も
たった1日もお日様が出なかった

そしてあの日.....





Rest  in peace

ブックカバー・チャレンジ 6冊目:「気内臓療法」

常に手の届く場所に置いていながら、
実はいまだに習得、いえ読了すらできていない「ヒーリング・タオ」の手ほどき本です。

気功の学びを幾重にも高みへと誘うようなこの本は、
あまりに複雑難解で、一向に歯が立ちません。

それでも、どなたかぜひこの本をマスターしていただきたいなどと願い、
さやかに...不肖私からご紹介いたします。

もしもこの本を全て読み終え、真に理解し、そして技を身につけるならば、
きっとその時は「仙人」にでもなっている笑とワタシは思います。

はい、何も食べなくっても大丈夫です☺️
霞を食べるようにして山の洞窟に何年も暮らす、
そんな人になっているかもしれません。
いつかせめて私も読了したいと思っています。


追記:数年前、雨上がりの夜更の銀座で滑って転んで、
ビルの外壁に備え付けられたピカピカの金色に磨き上げられた取水栓に、
しこたま頭をぶつけた時、私は大丈夫なのか?と心配になり
いろいろ調べ「一息四脈」なる言葉
(人間は平穏無事の時は4つ脈を打つ間に一回息をする)
を知りました。
それをきっかけに更に色々しらべ出会ったのがこの本です。

当時は絶版で、古書でも非常に高値とあって、
国会図書館や各大学の図書館にあると知り出かけて行こうか…という矢先、
なんと再販され、嬉々として購入しました。

出版社の方々には無論のこと、
ここでもまた、素晴らしい翻訳の方々に感謝せずにはいられません。

腹立たしい、腹に据かねる、腹黒い、へそ曲がり、腹づもり、はらわたが煮えくり返る、腹心の部下、、

考えるとすでに身近に「腹」「ハラ」!と聞いており笑….
はぁそういうことだったのねと、思わされるそういう本でもあります。

謝明徳 著「気内臓療法(チ・ネイ・ザン)」
出版: 産学社 エンタプライズ
帯津良一 監訳/鎌崎拓洋 翻訳

本日のバトンは、これまたかけがえのない私の大切な友人の一人、
大山幸子さんにお願いいたします!

わたしの廻りにはそれはそれは才媛があまたいらして、
この幸子さんことザジは、ヨガのインストラクターまで務めてしまう
才色兼備のスーパーレディ。よろしくお願いします!

......................................................


#7日間ブックカバーチャレンジ

#7days 
#7bookcovers

#BookCoverChallenge

IMG_3602 (1)

このページのトップヘ