近々
湿度の高い状況で演奏する予定があったため

最近は部屋の湿度をあまり下げずに
練習していました


湿度は40%から45%ぐらいが
私にとって調子が良いと感じているけれど...

最近は60%越えを想定して
時には62%ほどまで上昇


そうしたらさすがに

弦がまあ切れること!!!


湿度が高いと...やっぱり
切れますね

でも大丈夫!

貼り方にコツがあって

とても急いで伸びてほしい場合
(演奏会の最中や、直前に切れたり替えたりする必要が生じた場合)


固結びにしてそのままテールピースの下から
直行!?! で伸ばしてくることで

最短時間で安定するのです。


イタリア人の友達(オノフリ門下)のパオロが
昨年の オノフリ四季レコーディングの時に教えてくれました

急がないときは、
ループを通す方法を選択しています

今日は冷たい雨の夜となりましたね。。。
明日も1日雨だと聞いています。



IMG_3051