時折見かける
白い「地域ネコ」

おととい水曜日の朝、尋常ではない 連続した鳴き声

いいえ

すでに絶叫に近いような叫び声を聞いて
私は 家の外に飛び出しました


そうしたら

いつも見かける 白い猫が


右後ろ足を引きずって

座り込んで叫んでいたのです



あまりの事態に

さすがに 気が動転しながらも

からがら
近所の動物病院へと運びこんだところ

骨盤が 何箇所も骨折していることがわかりました。


そして、お医者様を3件目にして
この日曜日に手術することに決着。


大変難しい手術になるそうで
リスクもあるようです。


そのような悩ましい状況でしたが
手術をしないリスク
手術をするリスク

どちらも同じぐらい?

ならばしないのか???

だからするのか???

本当に悩ましいことでしたが

私はやはり

後者を選ぼうと思いました。


猫は 弱ると人知れぬところへ行ってしまう、、という話は
本当だそうで


我が家の目の前の道路に
這うようにして来て

絶叫していたのならば


ならば

生きたいのだろうと


そう思って

生命力にかけることにしました。


どうして骨折したのか、、
外傷はないので

落下なのか!?! それとも車と接触するなど
不慮の交通事故なのか、、

わかりませんでした。


練習に邁進するべき このタイミングでの事態

かなりな時間を割くことになります。


これも人生...


がんばります!

IMG_3840