世界中に広がるコロナウィルスの猛威...


これは現実なのだと様々な状況に実感しながらも

ふとした瞬間に

仮想現実を見ているような気になることも...

まるで映画のなかの風景が
世界のいたるところで広がるなんて...


生きている間にこんなことがあるなんて
想像だにしませんでした

何事もなければ、今ごろは高松空港に降り立ち
リハーサル

そしてイースターを迎える明日は
せとうち古楽祭の公演の予定でした


ご主催の方々のご苦労を思うと、胸が痛くなります


残念ですが、きっとまた機会がありますよう
願っています


さてたった今も
「しろ」ちゃんが足元を温めてくれています

ネコってほんとうに フワフワで暖かいのですね。。。


わたしが 一瞬でも了解すると
膝の上に上ります


いつでも
できることならば一緒にいたい

というその様子に
却って心がいたむことも...


だって
24時間抱っこしているわけにはいきません

いくら話して聞かせても限界もあります


どこか キリっと接していないと
どんどん甘えん坊になってしまって

却って 寂しい思いをさせてしまいそうです


というわけで
こちらは愛情を注ぐことを
時々セーブしなくてはならないようで

それがとても悩ましいところです。。。


もうおじいさんかもしれない猫...

その場の空気全体の心地良いこと...に敏感に 

「日常」を丁寧に生きる白ちゃんに

いろいろと学ばされる思いです


1C4D0DCF-6193-476D-A457-7D1B380049FC_1_105_c

写真は別の日のひとコマです
私がソファーでくつろいでいるときに
そこに乗ることを禁じたので
ちゃんとがまんしています

私が観念!?!して床に座ると 秒速でこのように