イタリアに大量の弦を注文しました


羊がいなくなる訳はない...

そう思いましたが

戦時中の話を思い出して

心配になってしまいました


やはり有事のときは何がどうなるか誰にも予測がつかぬもの

備えておくに越したことはありません!

申し訳ないかな...と心配になりましたが
たくさん注文してしまいました


さっそく作って下さったようで
もう発送準備ができたとのこと

ありがとうございます!!!!!

イタリアの伝統、弦の制作会社 アクイラの
ミンモ・ペルッフォ氏は
今回のコロナの医療の最前線で働く方々のための
医療用フェイスシールドなどの部品を
急遽、いつも弦を作っている工場で作り寄付していらっしゃるようで
あちらのテレビでも取材があったようです


実はその昔、私はそのミンモに会ったことがあるのです


フォリーニョというローマにほど近い街で行われた
オノフリさんのマスタークラスで
レクチャーをしてくださいました

あぁ懐かしい


ちなみに
イタリアからの荷物が無事日本に配送されるのかどうか
少なくとも現在、日本からの発送が止められている国が
多くあるので、、入ってくるほうも心配です

刻々と状況も変わるのだとも思います


ですのでここはひとつ
お支払いだけ済ませたら


しばらくあちらで留め置いておいていただこうかと


そう思っています


たいへんな中
さっそくに作ってくださったミンモさん

ありがとうございます

5FF460E1-3659-4FB7-A998-10459E60BC39_1_105_c
弦の整理には釣りのワームのためのポーチが大活躍です
G線、D線、A線、E線、の四本の弦をそれぞれのポーチに分けて
ジプロックのようなチャックつきの袋が「ノート状」になっているところに
いろいろな太さごとに分けて、収納します