ブックカバーチャレンジ5日目、

2011年出版の小説「ピエタ」ですっかり魅了され大好きになってしまった小説家、
大島真寿美さんの「あなたの本当の人生は」を選びます。

2014年に石橋メモリアルホールで行ったチパンゴ・コンソート、
ヴィヴァルディを中心にした公演「ヴェネツィア、霧の中の光」にいらしてくださり、
当時出版されたばかりのこの本をプレゼントしてくださいました。

一昨年には人形浄瑠璃作者の近松半二の生涯を描いた「渦 妹背山婦女庭訓 魂結び」をご出版、
昨年のこと直木賞をご受賞なさいました。


ちょうどその「渦」のご執筆中、私は歌舞伎の舞台に参加させて頂いており、
大島さんが歌舞伎を長年大好きでいらっしゃることを初めて伺ったりと、
ピエタのヴィヴァルディに始まり...
勝手にご縁を感じている大好きな作家さんです!

表紙に猫のイラストがありますが、
この小説には、命拾いをした黒猫が登場して、
お話の大事な鍵を握っていると(私は)思います。


...我が家には白い猫がやってきて半年になりました。

小説の最後にこれまた胸を打つ「詩」が記されます。

大島さんは、何か天から降ってくるものを
そのまま一心に言葉に現すようにして小説をお書きになられるそうですが、
ともかく私にとって大島さんの言葉は、
胸の奥深く深くぐっと届いて、
終いにはたいてい号泣しています。

涙もろいでしょうか?…でもけっして年のせいではありません!☺️

次のバトンは、
これまで幾度となくそのオノフリ公演の際、
暖かくもご助力頂いた杉山幸代さんにお願いいたします!

IMG_3591


..........................................................

#7日間ブックカバーチャレンジ

#7days
#7bookcovers

#BookCoverChallenge