タルティーニ、弾いています


行きつ戻りつ


反芻しながら進んでいます


一歩進んで二歩下がる...的な感じです☺️



始めて良かったです





指導者、研究者としての功績も極めて高かった
あの流石のタルティーニが

なぜ このタイトル(直訳すれば弓の芸術)を与えたのか


ようやく深く納得したり....



左手の各種の連続するトリルだけでも非常に難しいのに
右手でそこに
モダンヴァイオリンの演奏では普通に思えるようなアクセントを
さほどつけずに

アクセントでフレーズが分断されないように弾こうとするだけで

ただそれだけで おそろしく難しくなります




山盛りです




イバラの道は続きます


779FA7E8-8180-48D9-88A8-F7A3D5080F7E_1_201_a