The New Setsuko's Diary

Baroqie Violinist Setsuko Sugita ヴァイオリン奏者 杉田せつ子/ 日々のふとした瞬間を、お話するように書き留めていけたらと思います。 古いブログはこちら→http://setsukodiary.cocolog-nifty.com/blog/

カテゴリ: 音楽

感覚と理論



自分の中に沸き起こる 感覚を分析したり 補強したり 発展させるために
知識/理論が助けになる場合


感覚が不足していることを感じて 知識/理論を求める場合


どちらもあること。


音楽に関しては
もう生まれてからずっと
感覚が先にあって
その理由を知識や理論と照らし合わせながら

時には壊し、また造って、

学び発展させて
自己に身につけて
浸透させるべく過ごしてきている...と思います


偉そうでしょうか
そんなつもりではありませず...お許しください



そして逆の


感覚を信じるよりも
まず知識や理論に頼っちゃうかもしれないなあ


というものは
私の場合
多く存在していて


考えてみると


音楽以外は


ほとんど


感覚よりも 文字になっている事柄を
(私は)優先させがちなのかしら!?!と

ハっとしました。


たとえばワイン...どんなブドウで
どんな天候の年で、

どこの畑でどこの誰が 

シャトーにどんな歴史があって、どんな苦労や栄光があって


などなど


もしもお話を詳しく聞かされたら

味わうより先に

なんだかそんな気持ちになってしまう自分が
いるような...;;



音楽だけは

今では確固たる自身の感覚があるので
(音楽のための耳、というのはおそろしいもので、ずっとその「環境」に準じて発展し続けると思います。振り返ると...30才ぐらいではまだまだ成長していませんでしたし、ついこの数年でさえも大きく進化!?したと感じています笑)


その自分の思う造形物!?!ができるように
努力するのみ

それができるかできないか


がいつだって大変なわけですけれども




そして
かなり強い意思のもと


私ならこうする
私ならこう弾きたい

自分の「今の演奏」への不満


そんなことから
弾き続けているわけで


山があるから
山に登る


っていうのと同じような感覚なのかなあと

思っています



ひたすらに自己の無能と向き合う時間と肯定する時間


それが交互に起こっている



そんな日々です





だからこそ

新たな学びを



もっと知りたい
もっと知りたい



音楽のため!
誰かのため!
 

自分のできることをしたい!



生きることを謳歌したい!!




そんな人と
いつでも


繋がっていたいです



あ、音楽以外にもありました
私の「感覚最優先型」のものが


コスメティックと、ファッション、
絵画、インテリア、
建築物、映画、小説、

、、、、、、


まだほかにも沢山ありそうです

来月はクロアチアの音楽フェスティバルに出かけます

なんとも光栄なことに

クロアチア バロック アンサンブルの皆さんと共演させていただき

独奏曲の演奏を含め
室内合奏曲をディレクションし
演奏させていただくことになっています。


ななななんとですよね笑


だってそもそも

何語で? 笑

はい

ここは英語でひとつ

仕切らせていただくことに致します エヘン笑


いや冗談じゃあないです


わたくしごときが!?!

ですー



まあこれもひとつのご縁!!と思って


クロアチア プログラム 強化週間 開始なのです



精一杯努めてまいります


英語の語学力向上を本気で目指し始めて
そういえばちょうど一年半


英語の映画も
字幕を見るより

なんだか
原語のセリフを聞いているほうが


ずっと楽しめるようになったような!?!  いや気のせい!?! 笑



忙しいときは 完全にストップしてしまいますが

そうでもなければ

暇さえあれば
英語のテキストやラジオのストリーミングを繰り返し聞いています


ああ、、、これが20才の頃にこんな気概を持っていたならなあと...


ほんとうにこればかりは

繰り言を言ってしまう私がいまーす



がんばります




昨日はすっかり休息に努めました


家の片付けをしたかったけれど

まずは休養...することにしました


1日こんこんと眠ってしまって
さあようやく今日は片付けをしました



それにいたしましても
このたびは
伝統芸能の世界に間近に触れさせていただき

今更のように
日本に何百年と伝わる文化を大切にせずに

西洋のものばかりを追い求めている自分に


少しだけ不思議な感覚を覚えています



それにしても
歌舞伎とバロック音楽は
とても融合性が高いと思った今回の舞台でした


選曲はカウンターテナーのアンソニー

それらの曲をどの場面で使うのかを決めたのが
歌舞伎界の和楽のかなめ中の要でいらっしゃる田中傳次郎氏


見事に調和する場所に用いられたことで
西洋のバロックも歌舞伎の舞台のなかで活かされたのでした


バロック音楽の持っている光と影、緊張と弛緩といったような
強いコントラストが、歌舞伎のそれと、とても協調性があることを実感した
このたびの市川海老蔵さんの七月大歌舞伎「源氏物語」でした


そういえば、、千穐楽の前日、台風通過のあの日、
本番直前にE線が切れました。。。
前の日に張り替えたばかりの新品だったのに!


六月に台風がきたときも
ちょうどレコーディング中、やはり新しく張ったばかりの弦が切れて
顔から流血...という事件がありました;;

台風おそるべし...でしょうか

FullSizeRender
New York から一時帰国中の 友人が偶然観劇に来てくれていました!
お着物本当に美しかったです


海老蔵さんのブログより

「皆様へ」



IMG_7778
毎日持参した台本です。
楽譜は Alessandro Scarlatti アレッサンドロ スカルラッティの O Pace del Mio Cor 
海老蔵さんの長いセリフに寄り添うようにしてSoloの旋律を演奏しました。
今後もずっと思い出深い曲となること間違いなしです。






とうとう千穐楽の舞台を終えました

市川海老蔵さんの「源氏物語」
東京 銀座 は歌舞伎座で 完全完売
連日の完売は 前代未聞のことと伺っております


歌舞伎、お能、狂言、華道、バロック・オペラ、プロジェクション・マッピング

なんという素晴らしい舞台だったことでしょうか!



皆様ご無事の千穐楽、本当におめでとうございます!!!


なんという濃密な時だったことでしょうか!


貴重な機会をいただきましたことに
心より感謝いたしております


そしてご関係の皆様
全ての皆様に感謝申し上げます

ありがとうございました!!!


そして神様〜〜〜〜〜〜


無宗教の私ではございますが

ここはやはり
八百万の神さま!本当にありがとうございました


この一ヶ月間を元気に無事終えることができました


本当に
本当に


ありがとうございました
IMG_7698

昨日はブログを書きそびれてしまったので

とうとう

明日が千穐楽となってしまいましたーーーー


とうとう来てしまいました終わりの日が

楽日が....


まだ実感もなく
平気で翌日も歌舞伎座に通ってしまいそうです


今日の関東地方は台風がどのように通ったのか...
ニュースをチェックできていない私ですが


全く傘をささずに行って
そして帰って来ることができました

全国でどうか被害が出ませぬよう

今回の経験で一気に歌舞伎の世界へのさまざまな興味が沸いた私は
来月の歌舞伎座のチケットを早くもゲット


これからは
折々に拝見させていただこうと思っています

IMG_7430

美しいすりガラスの楽屋口。朱塗りの縁のドアも美しく心地良かったです。


IMG_7443

最初は神棚の存在に気がつかなかったのですが

途中から...;; 毎日お塩をうって、神様を拝んだ着到盤のある入り口です。

頭取さんがいつもにこやかでいらして、ああ今日も無事に素敵な舞台となりますようにと身の引き締まる 素敵なひとときでした。


IMG_7445


台風が近づいているのでしょうか?

ニュースを見ていないので
詳細を知らないのですが

今日は何か
楽器の調子や音色に変化を感じました


ヴァイオリンは
お天気をとっても敏感に感じ取ります


でも実はお天気(気圧など)によって
耳の聴こえ方も変わることを知りましたので

耳のせい、、、も含めると

まあ何がどうなっているのか
定かではない部分もありますねえー笑!


一生自分の奏でる音を、100パーセント客観的には聴けないわけで...

一生自分の顔を見ることができないのと同じで...

それだけは、究極の欲求不満です笑


IMG_7328
ご出演の歌舞伎役者さん、市川喜太郎さんに、
突如 楽器を構えて頂いちゃいました
何も申し上げずともこの美しさ!さすが役者さまと皆で感激しました





とうとう
楽日が見えてきました

というよりも...
見えて
きてしまいました

夢のなかのできごとだったかのようで

あっという間のようでもあり
もう何年も続いているかのようでもあり

これまでに経験のない感覚です

さて今日は
昨日のAbemaTVでの放送音源を聴いて感じたところがあって

海老蔵さんのセリフに
並走するようにして演奏する
ヴァイオリンの旋律部分に新たな味付けをしました

日々新たな試みを忘れず
そして少しでも素敵にと念じながら
演奏しているつもりです

アンソニーやリコーダーのマエストロ濱田にも褒めていただけて
自身でも、まずまず「その方向」で上手くいったように感じています

嬉しかったけれど、もっと早く気が付いて
そのように試みていたら良かったのにと
それはちょっと悔しいです...笑

まあ
いつだって
このような繰り返しですね

「完全」はありえないことだとは思いつつも......
なかなか因果な道でしょうか笑

IMG_7280
火曜の夜、イタリア人の友人アンナマリアと地元で小1時間会いました
今日からバカンスで、実家のあるシチリアに1ヶ月帰ってしまうのです👒☀️

ついにあと...5回になりました


「源氏物語」


最初のお稽古場の80パーセントごえの湿度にたじろいだのも
はるか昔のような気がします


さすがに80パーセントを越えると松ヤニが弦にこびりついて
ひどい状態になってしまい リハーサル初日には相当焦りましたが


本番の現場は55パーセントを少し上回るかという程度で
まずまずの環境でホっとしたものです


ただ、公演が始まってからも、
楽屋の湿度はとても高いため
本番前も本番中も、
舞台から、楽屋に持って帰り、楽器を触ることができません。



楽屋で楽器を全く触ることができない(練習できない)という環境でのこの
23公演は、なかなかたいへんなものであったかも知れません。

普段のクラシックの現場では
想定外の状況ではありました


はい!あと5回も がんばります!!


今日聞いたお話...
能楽のみなさまは、あの素晴らしい装束を痛めさせないために
数日ごとに違うお衣装へと替えていらっしゃるのだそうです


お手入れをしながら
今回は4回から5回、ほどお衣装を替えながらの
舞台だと伺いました


お能の皆様がたにとっても

わたくし達と同様
このように連日の公演、ということは
無いとのことでした


本当に私は今回のこの連日の公演、
たいへん貴重な経験となりました

FullSizeRender



外気は40度、、、
というニュースが駆け巡っています

オリンピック
日中の普通の時間では恐ろしすぎるような。。。


さて今日は
リーナ 無事富士山登頂成功したそうです!!!

おめでとう㊗️🎊

歌舞伎座で思わずこんなプレゼントを
買ってしまいました

IMG_7266

このページのトップヘ