The New Setsuko's Diary

Baroqie Violinist Setsuko Sugita ヴァイオリン奏者 杉田せつ子/ 日々のふとした瞬間を、お話するように書き留めていけたらと思います。 古いブログはこちら→http://setsukodiary.cocolog-nifty.com/blog/

カテゴリ: コラム

感覚と理論



自分の中に沸き起こる 感覚を分析したり 補強したり 発展させるために
知識/理論が助けになる場合


感覚が不足していることを感じて 知識/理論を求める場合


どちらもあること。


音楽に関しては
もう生まれてからずっと
感覚が先にあって
その理由を知識や理論と照らし合わせながら

時には壊し、また造って、

学び発展させて
自己に身につけて
浸透させるべく過ごしてきている...と思います


偉そうでしょうか
そんなつもりではありませず...お許しください



そして逆の


感覚を信じるよりも
まず知識や理論に頼っちゃうかもしれないなあ


というものは
私の場合
多く存在していて


考えてみると


音楽以外は


ほとんど


感覚よりも 文字になっている事柄を
(私は)優先させがちなのかしら!?!と

ハっとしました。


たとえばワイン...どんなブドウで
どんな天候の年で、

どこの畑でどこの誰が 

シャトーにどんな歴史があって、どんな苦労や栄光があって


などなど


もしもお話を詳しく聞かされたら

味わうより先に

なんだかそんな気持ちになってしまう自分が
いるような...;;



音楽だけは

今では確固たる自身の感覚があるので
(音楽のための耳、というのはおそろしいもので、ずっとその「環境」に準じて発展し続けると思います。振り返ると...30才ぐらいではまだまだ成長していませんでしたし、ついこの数年でさえも大きく進化!?したと感じています笑)


その自分の思う造形物!?!ができるように
努力するのみ

それができるかできないか


がいつだって大変なわけですけれども




そして
かなり強い意思のもと


私ならこうする
私ならこう弾きたい

自分の「今の演奏」への不満


そんなことから
弾き続けているわけで


山があるから
山に登る


っていうのと同じような感覚なのかなあと

思っています



ひたすらに自己の無能と向き合う時間と肯定する時間


それが交互に起こっている



そんな日々です





だからこそ

新たな学びを



もっと知りたい
もっと知りたい



音楽のため!
誰かのため!
 

自分のできることをしたい!



生きることを謳歌したい!!




そんな人と
いつでも


繋がっていたいです



あ、音楽以外にもありました
私の「感覚最優先型」のものが


コスメティックと、ファッション、
絵画、インテリア、
建築物、映画、小説、

、、、、、、


まだほかにも沢山ありそうです

ものすごいですね...!


今宵の気温低下ぶり///


朝から湿度も低く爽やかで


すっかり秋の空気に入れ替わってしまった
と感じるほどでしたけれど


夜になって
肌寒く感じるほど。。。


先ごろの演奏ピッチ440から 久々に A4=415Hzに 下げたばかりとあって


楽器が少し驚くかなと思っていましたが
今のところ

そんなふうでもなく


いたって
ごきげんに

いや
とても調子よく


手前味噌になりますけれども

とても良いカンジです 




それにしても
今年は季節が早く進みすぎているような!?!


久しぶりに窓を開けてみましたけれど
今宵は  もうセミが一匹も鳴いていません

秋の虫の声が わずかに聞こえてきます



今年ばかりはもう
異常気象を強く強く感じてしまいます。。。


うかこれ以上の
水害など天災が起こりませんように



先ごろの災害で被災なさった方々の
お家などの復旧が妨げられませぬよう
心よりお祈りいたしております



部屋もすっきりした状態が毎日保てていて

気持ちが良いです


そのほうが
ぜったい練習もデスクワークもはかどります 


綺麗なものを綺麗に保つために片付けるのか

乱雑になったものを
とりあえず そうじゃなくするために片付けるのか


ぜんぜん モチベーションが違いますよねえ


綺麗なうちに
片付ける


そうすると

楽しい気持ちのまま
家事ができます



こんな

当たり前のことを

今更のように

とっても実感しているこの頃です 



はーい


これからは
かならず


今!


使ったら
すぐに片付ける!





すぐまた使うから、、とかそういうのはダメですね


すぐ使いそうだとしても
ぜったいに元の場所に片付ける


をしまーす


そのほうが

あとで あれ、どこにいったーーーー!?!
ということもなくなりますし


まず
いつもお部屋が整然と美しく整っています





子供みたいですねー

IMG_8179
これは、なんでしょうか〜    先日、兄の次女(姪ですねー)が結婚したのですが
たくさん貰った引き出物の中の一つ、鋳物の鍋敷き!!
どうやら我が家にもしっくり馴染み、活躍しそうです
披露宴、 海老蔵さんの舞台中だったので、大いそがしのなかの列席でしたが、幸せのおすそ分けをたっぷりもらって 多幸せでした〜〜〜〜〜


来月はクロアチアの音楽フェスティバルに出かけます

なんとも光栄なことに

クロアチア バロック アンサンブルの皆さんと共演させていただき

独奏曲の演奏を含め
室内合奏曲をディレクションし
演奏させていただくことになっています。


ななななんとですよね笑


だってそもそも

何語で? 笑

はい

ここは英語でひとつ

仕切らせていただくことに致します エヘン笑


いや冗談じゃあないです


わたくしごときが!?!

ですー



まあこれもひとつのご縁!!と思って


クロアチア プログラム 強化週間 開始なのです



精一杯努めてまいります


英語の語学力向上を本気で目指し始めて
そういえばちょうど一年半


英語の映画も
字幕を見るより

なんだか
原語のセリフを聞いているほうが


ずっと楽しめるようになったような!?!  いや気のせい!?! 笑



忙しいときは 完全にストップしてしまいますが

そうでもなければ

暇さえあれば
英語のテキストやラジオのストリーミングを繰り返し聞いています


ああ、、、これが20才の頃にこんな気概を持っていたならなあと...


ほんとうにこればかりは

繰り言を言ってしまう私がいまーす



がんばります




私はこの数年のさまざまな経験、、、

嬉しいことばかりでは決してなくて
嬉しいことの10倍ぐらい多くの苦しいことや悲しいこと
悔しいこと、情けないことを経験してきた
その精神鍛錬?のおかげか

以前は絶対に怖くて怖くて
受け入れることのできなかったジェットコースターが
ちっとも怖くなくなってしまったというお話をしたいと思います


自分なりに分析してみました


そしてはっきり認識しました


「全てを受け入れる」心構えができたからだと笑


はははーと お笑いでしょうか?


いえ わたくしは真面目です


どっちに曲がるかわからない
思った方向に進まない
自分で制御できない
未知のものを受け入れる

この究極高速体験がジェットコースターの「味わい」
だと思うのですが

これが以前はぜったいに受け入れられなかった。。。


自分の思った方向に行きたいし
自分の把握したルートをたどってくれなくちゃ困る
行き先や道順は知ってから出発したい笑


だったんだと思います


今はなすがまま
なされるがまま


もう どうとでも どーんと来いです


でもそれと同時に

以前より感受性が高まって

心が敏感になった...



とも (あくまでも自分比でーす笑) 感じています 

そして

逆のようでもありますけれど


私の心は

お他人さまからすると

以前に比べて 「心の扉」の「鍵」を
見つけにくい状態
になっているだろうなあ

とも思います


あ、少し奥ゆかしくなった!ということでお願いいたします



いったい物事に対する恐怖感というものは
脳の何処で感じるのでしょう...?

どこか感覚の深いところに
あると思うのですけれど

そのようなところが
この歳になっても
こんなに変わるものかと

こればかりは

少し自分で驚く変化でした



って....
ジェットコースターにそんなに
乗りたいと思ってはいないのですけれども


IMG_8071
*写真は文章とは関係ありません
過日、何ヶ月ぶりかでお花のレッスンにおじゃますることできました。
かけがえのない時間、とっても嬉しかったです




昨日は
イタリア大使公邸/大使ご主催「蛍の会」にお招き頂きました


この上なく風流な宵....

IMG_8095



公邸内での

美味しいビュフェパーティー


もちろんのこと...
お初に御目にかかる方ばかりでしたが
また感銘や刺激を多く頂きました

感謝です


IMG_8094



その後 公邸を辞してからは

一緒に行った知人2名とご主催側のお方1名で
あらためてのお食事会



お話に花の咲くテーブルとなりました


そもそもお誘いいただいたNさんは、

私が昔から姉貴分として慕わせていただいているお方で、もうかれこれ20年以上のお付き合い。


長さもそうですが、何か不思議な強いご縁を感じる大切なお姉様なのです。


親戚のお姉様であるかのように、何でもずけずけと

正直にお話してしまう

お話できてしまう

お話させていただける


そんな大切なお方です



あ、そういえば昨日、、

蛍は求愛行為としてあのように光を放つと伺いました


広大な日本庭園で蛍を放つのを鑑賞させていただいていると、

ふと私の足に ホタルがとまっているではありませんか


逃げることもなく

そのまま数分、私の足をしばらく探検!?しながら


光り続けておりました



求愛に応えられなくて

ごめんなさい  

と思ったことでした 



朝食に「やっぱりロブションのパンってすっごくイイ香りがするよねー」
などと言いながら

ロブションのパンをトースターから取り出して
バターを塗っていたら、
夫から氏の訃報のニュースを聞かされました。

週末に久しぶりにジョエル・ロブションで知人との夕食を楽しんだばかり。

一昨日もパンだけ買いに走ったばかり。

....


本当に久しぶりにロブション!とひらめいて
突然行った ディナー


久しぶり


そしてとても美味しかった


異国の、こんなちっぽけな私も
あなたが世界中に広めてくれた
偉業のおかげで
今日もとても幸せな朝のスタートをきっています


ありがとう

ありがとう


心よりご冥福をお祈り申し上げます。


8月の強くたくましい日差し、
戦争のこと...に毎年必ず 思いを巡らせる季節でもあります


世界じゅう ひとり残らず

日々の食事を

楽しむことが できるように なりますように...



I just had a dinner at Joël Robuchon restaurant at the weekend…

Rest in peace.

FullSizeRender

FullSizeRender

長年
イタリアのサンタ・マリア・ノヴェッラの香水を
愛用していますが


六本木のミッドタウンで
つい二、三ヶ月前だったでしょうか
ふと立ち寄ったお店 SHIRO さん

とっても良い香りがして

気になりました


ゆずのお化粧水のミストと
チャクラーサナという名前の練り香水を購入

高品質!

練り香水なのですから もちろんのこと良い香りがして
ヴァイオリンを弾く 指先にも塗れる 優れものです


しばらくマイブームになっています

デフォルト・モード・ネットワーク


脳が リラックスして ぼーっとしているときにこそ

側頭葉と頭頂葉でのやりとりが盛んになって

いわゆる ヒラメキなどが
おこりやすくなる....ということを知りました


アインシュタインの脳を調べている
世界じゅうの科学者が

あの怪物のような天才科学者の脳を今もって
解明できないことを多く抱えながら調べているらしいです



彼は、やはり普通の人よりずっと
脳のある物質が5割も6割も多かったとかなんとか...


あまりに遠大な研究のようですが

またこれで脳への興味が掻き立てられてしまいました笑



一生


いろいろなことへの
興味は




衰えることなく

どんどん増えるばかりです


幼いころから


自分のこういうところ(何にでも興味を持つところ)が
もっとのびのびとしていたら
よかったのになあと


それだけは

ときどき思うことです


昨日はすっかり休息に努めました


家の片付けをしたかったけれど

まずは休養...することにしました


1日こんこんと眠ってしまって
さあようやく今日は片付けをしました



それにいたしましても
このたびは
伝統芸能の世界に間近に触れさせていただき

今更のように
日本に何百年と伝わる文化を大切にせずに

西洋のものばかりを追い求めている自分に


少しだけ不思議な感覚を覚えています



それにしても
歌舞伎とバロック音楽は
とても融合性が高いと思った今回の舞台でした


選曲はカウンターテナーのアンソニー

それらの曲をどの場面で使うのかを決めたのが
歌舞伎界の和楽のかなめ中の要でいらっしゃる田中傳次郎氏


見事に調和する場所に用いられたことで
西洋のバロックも歌舞伎の舞台のなかで活かされたのでした


バロック音楽の持っている光と影、緊張と弛緩といったような
強いコントラストが、歌舞伎のそれと、とても協調性があることを実感した
このたびの市川海老蔵さんの七月大歌舞伎「源氏物語」でした


そういえば、、千穐楽の前日、台風通過のあの日、
本番直前にE線が切れました。。。
前の日に張り替えたばかりの新品だったのに!


六月に台風がきたときも
ちょうどレコーディング中、やはり新しく張ったばかりの弦が切れて
顔から流血...という事件がありました;;

台風おそるべし...でしょうか

FullSizeRender
New York から一時帰国中の 友人が偶然観劇に来てくれていました!
お着物本当に美しかったです


このページのトップヘ